コトリノトリのSixTONESブログ

コトリノトリのSixTONESブログ

YouTubeの広告を見て、SixTONESにハマったド新規がSixTONESについて語るブログです。

【第二回全国髙地担アンケート】問12の回答を全部公開!

f:id:ri0ra3_ku0ma9157:20210215012827j:image

 

これは第二回前髙地担アンケートの、

12)問11で選択したものから一つ選び、髙地優吾が輝くパフォーマンスについて詳しく教えてください。

全回答を載せてみたというブログです。

では、いっちゃおー!!

 

 

この星のHIKARI

2番ですね。

2番のこーちくんのソロの所やばくないですか?まず、歌詞がファンとアイドルの関係でも良いので(そこを越えることはないにきまってる)、めちゃめちゃ言われたい言葉だし、歌ってくれる時に歌詞を大切にして丁寧に歌おうとしているのが伝わってきます!丁寧すぎて伏し目がちになるところも良いです!

じぇしさんがこの星といえばこーちと言った、そのまま。多幸感がもうこーち。 メインで長く映ってなくてもインパクトに残ります。手振りがあると特に。

初めてのオリ曲であり、王道キラキラソングのこの星のHIKARI踊る髙地くんが本当にキラキラしていてカッコイイです。優しい笑顔と初期の白スーツで踊る姿が好きすぎる。

Jr.時代に少クラ内でパフォーマンスをした際、彼が笑顔でピースをしているのを見て担当になりました。なのでそのパフォーマンスが好きです。

少クラやライブで披露する時にず〜〜っと本当にずっと笑顔でいてくれるところです大好きです。

Jr.チャンネルのパフォーマンス動画の髙地くんの表情に心を掴まれた。

優しくてあたたかな歌声が合っているなあと思ったので。癒されます。

歌ってる時の笑顔が髙地くんらしくて好き!

楽しそうな笑顔。

 

BE CRAZY

最初のヘドバンの振りをちゃんとやるところが男らしくてかっこいい。

 

IN THE STORM

誘惑や不安が手招いても

京ジェ無双直前のゆごしんソロパート「誘惑や不安が手招いても」のところの安定感と特徴的な穏やかなハスキーがまさに"嵐の前の静けさ"という感じがして好きです。

ソロ部分。 パフォーマンスと歌詞がちょっとした裏ボス感があってカッコ良かったです!

こちソロ誘惑や不安が手招いても〜からのじぇ→京ジェはもり→樹ラップが最高。ゆーごがSixTONESが動き出すスイッチになってる。

「誘惑や不安が手招いても」の時にスト5を従えてるのは間違いなくこーちくんです!

誘惑や不安が手招いてもの手を伸ばして憂いを帯びた顔と、その優しくきれいな歌声。

声質がこの曲に合っていてとてもいい化学反応を起こしていると思う。

誘惑や不安に〜のところの眼力は半端ないです。

『手招いても』の後、フォールするところ。

 

Amazing!!!!!!

愛が欲しけりゃ任せろLOVE

なんといっても「愛が欲しけりゃ任せろLove」のニヤッと笑いながらのハート。あれでやられない人はいないのでは…?

みんな大好き愛が欲しけりゃまかせろLOVE

「愛が欲しけりゃ~」で落ちたので永遠に好きです。

「え〜めっちゃかっこいい曲〜バチバチだな〜」って思ってたら「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」のあの笑顔とハートの指の動きで心臓ギュって掴まれました😭😭何回見ても耐性がつかなくて叫んでます😭😭

任せろラブは歌割りの少ない初期曲の中でも特に!ライブでも前のめりになって見なきゃ!となる髙地くんの代名詞ハートの作り方を変えたりと工夫しているところも素敵です。ラブ、お任せします。

「愛が欲しけりゃ 任せろLOVE」の笑顔を大阪城ホールで直に見て可愛くて可愛くてどうしようもなくなった。

任せろLove落ちなのでそれだけは外せません。少しはにかむ時もあれば色気だだ漏れの時もあったり毎回違う表情を見せてくれるので、今回はどんな表情を見せてくれるのかなとドキドキします!

任せろLoveで毎回死んでる。最近ハートの形が変わってて可愛い。

「愛が欲しけりゃ 任せろLove」のハートをつくって親指以外を順に握るように動かす振りです!また、Loveの山なりのように歌うところです!

We are SixTONES 歌声にして 響け音色 の 響け音色 のところで頭を指でトントンするところ。

『愛が欲しけりゃ任せろLOVE』の手の動き。どう頑張っても真似ができないのであれは輝きに匹敵します。

愛が欲しけりゃ任せろloveと、We are SixTONES 歌声にして響け音色のところの手振りと表情です。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEのハート作って指動かすところ(?)は何回見ても心臓がおかしくなります。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEは初めて見たときの衝撃がすごくて忘れられません。

やっぱり任せろLOVE。仕草も含め彼のパフォーマンスの特徴といえば1番はこれだ!と言えます。

個々が目立つ曲。これはSixTONESが歌うべき曲。これで目立たない理由をむしろ問いたい。

愛がほしけりゃ任せろラーブ、、ですかね。髙地担なのでどの曲もすごく悩みましたが。。。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEでハートを作るところにいつもキュンキュンしてます。

"愛が欲しけりゃ任せろLOVE"は外せません!!!!!!イチコロです!!!

愛が欲しけりゃ任せろLOVEのパートで色んな種類のハートを作ってくれる。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEは本当にハートを持っていかれると思います。

愛が欲しけりゃまかせろLOVEのところ。(一瞬で違う世界へ連れてってくれる)

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」のところの手でハートを作る姿。

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」の色っぽい笑顔と手の動き。

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」で落ちない女はいない!

まかせろラブ(沼落ちのきっかけの一つなので忘れられない)

まかせろloveはこーちにしかできないパフォーマンスだとおもいます!

愛が欲しけりゃまかせろら〜ぶ、こちの右に出る者がいない。

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」のハート作るところ!

愛が欲しけりゃ任せろloveのloveがしっくりきすぎている所。

愛が欲しけりゃ任せろラブの表情が最高にかっこいい。

自分オリジナルのダンス。

愛が欲しけりゃ任せろLoveのハート作るところ。

愛が欲しけりゃまかせろLOVEの表情と手の仕草。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEのところのハートと笑顔。

やっぱり何周してもAmazing!!!!!!の愛が欲しけりゃ任せろLove。

愛が欲しけりゃ任せろLoveの顔と手と表現力。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEのところのハートポーズ。

愛が欲しけりゃまかせろLOVEのこーちは最高。

言わずもがなの愛が欲しけりゃ任せらLOVE。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEのアクセント。

任せろLoveのところです。

愛が欲しけりゃ任せろLOVEの表情。

任せろLoveでハートを作るところ。

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」ですかねー

愛が欲しけりゃ任せろLOVEの所です!

愛が欲しけりゃ任せろloveはヤバすぎる。射抜かれました。

愛が欲しけば任せろLoveが大好物です!

愛が欲しけりゃ任せろLOVE の男っぽい笑顔が好きです。

愛が〜のところのキラキラスマイル。

愛が欲しけりゃ任せろloveのところの手の仕草。

「we are SixTONES歌声にして響け音色」のスト5のいかついかごめかごめの真ん中に立つ髙地くんの帝王感が好きです。僕僕発売現在の歌い方で聴いてみたい。

「愛が欲しけりゃ任せろLOVE」の部分はもちろん大好きなのですが、「Hey you Regret させないぜ」の顔の前に手を当てる振り付けの時の表情がとてつもなくかっこいいです。気付いた時震え上がりました。目を細めた表情をしていた時は自分の癖に刺さりすぎて息が止まりました。

愛が欲しけりゃ、任せろらぁぶ♡で、撃ち抜かれます。

 

かくいう私もこの曲のLOVEで沼落ちし、初めて髙地くんという推しができた人なので。

何回見てもいいなと思うし、やっぱり私の原点だなと感じる。

あのときの私の直感は間違ってなかった。

 

JAPONICA STYLE

夢恋桜。

最初の顔。

扇子ヒラヒラさせる所。

 

Beautiful Life

髙地くん自身が好きなのが強く伝わる。自信のあるパフォーマンスも好き。そういう曲が増えたら良いなって思います。

ひとつの奇跡は ふたつに増えてく 涙を越えて此処に来た の儚げな髙地くんの歌声にグッときます。

 

jungle

ハリネズミの時の顔!!!

誰も寄せつけないハリネズミのところ。この曲の髙地くんの歌い方が大好きなです。歌い方の引き出しとして、もう少し荒削りに、尖った声で歌う選択もあったんじゃないかと思うんですが、あのミステリアスで落ち着いた中に何かを秘めているような声が、可愛らしさとトゲとを兼ね備えた、猛獣たちのジャングルの一角を担うハリネズミの髙地優吾って感じがして最高に好きです。

「森の奥聞こえ出すリズム」で「森の奥聞こえ出す」までは笑顔なんですけど「リズム」で獲物を仕留めるかのような表情に変化する所にやられます。まさにギャップ。

「森の奥聞こえ出すリズム」の声のトーン、表情がふわっとした笑顔から永久凍土か?ってくらい冷たい視線に変わるあの瞬間、私は落ちました…間違いなく輝いていました…黒く…。

「森の奥聞こえだすリズム」のとこで笑顔から冷たい目になるとこが髙地優吾のギャップの真髄。

森の奥聞こえ出すリズムのところで一瞬笑顔で笑ってから真剣な表情に移り変わるあのサイコパス感というか、ギャップというかなんとも言えない数秒間が最高です。

森の奥聞こえだすリズムのところの表情が好き。

Jr.祭2018のjungleのハリネズミ〜付近で笑顔だったのに突然バカイケメンにキメるところ。

森の奥聞こえ出すリズムのところの表情の変わり具合がまじでサイコで最高。

森の奥聴こえ出すリズム~の表情の切り替えで完全にこち沼に落ちました。

ゆごじぇセンター。

「森の奥、聞こえ出すリズム」で笑顔になったと思ったら真顔になるところ。

 

Hysteria

ソロパートの「いくら君を忘れようとしても」「2人の部屋はまるでparadise」「will you be mine be my SixTONES」の歌声めちゃめちゃ好き。Hysteriaを聴いて沼への一歩を踏み出したのですが、その一歩を後押ししたのはこちくんのソロパも一因です。

「二人の部屋は まるでParadise」も最強!

「2人の部屋はまるでParadise」のメロ、エフェクトとのマッチ具合。今でこそ髙地の声は加工映えすると言われるようになりましたが、この曲を聞いたときから思っていました。

全曲通しての妖しさ。多角的な内面を感じさせてくれるところ。

手だけ動かすパフォーマンスのところの動きの綺麗さ。

2人の部屋はまるでパラダイス、のところの歌い方。

2人の部屋はまるでparadiseのパート。

タットダンス。

rの発音が好きすぎる。

 

”Laugh” In the LIFE

本当に気づいたら髙地くん目で追ってます。ここが〜とかじゃなくて、明るいと衣装とえびばりせいoh!が本当にピッタリだなと思います。

ラスサビ前の掛け声

ライブの時の間奏中の「う〜〜はい!う〜〜はい!」が狂おしい程好きです。

間奏をLIVEなどで合いの手を入れるところが髙地くんらしくて、いつも期待しちゃいます。アルバムに収録されていつでも聴けるようになりましたが、やはり髙地くんの合いの手は収録されておらず物足りなく感じます笑 この曲を聴くときは頭の中では勝手に髙地くんの合いの手が再生されるくらい合いの手がしっくりきています。

優吾くんはとにかく笑顔が素敵すぎるので、楽曲と彼の相性がまず良すぎて好きです。あと、間奏で『うーえ!しーた!ハイハイハイハイ!』などの掛け声をしてるのがたまらなく好きです…!YouTubeに上がってるラフインはほんとに衣装から含め全てが好きですね…💗

間奏の『うーえ!しーた!はいっはいっはいっ!』が最高に可愛くてそこばかりリピートしてしまいます。

楽曲の底抜けの明るさと髙地さんの笑顔が相まってとにかく楽しくなる。中でもEvrybody say Oh Yeah!!~での客席への声掛け、間奏での声を出しての盛り上げ方(う~~~♪はいっ!みたいな掛け声ってなんて言うのでしょう…)サビでの足のステップ等、可愛い見所が目白押し。

キラキラアイドル髙地優吾が1番堪能できる素晴らしい曲。髙地沼に誰かを落としたい時はラフインのライブ映像を見せて洗脳したい。

Everybody say Oh!のところ。お客さんが一番最初にYeah!と声を出すところで、髙地くんの明るさが雰囲気を作っていると思う。 あと、間奏の「う〜え、し〜た、ハイハイハイハイ!」の掛け声。SixTONESみんな楽しそう。

YouTubeに上がっている動画、ツアーTにジーンズのラフな衣装がより髙地くんのスタイルの良さを引き立てていて、明るくてキラキラしたポップな曲は本当によく似合うと思います。(この動画、コメント欄も髙地くん関連が異様に多い気がします)

この曲ぐらいのテンポやキーが歌いやすいんじゃないかなと思うぐらい他の曲よりのびのびと歌ってるし聴きやすい、聴いているこっちが笑顔になる、優吾の本領が発揮される曲だと思う、う〜え!し〜た!はいはいはいはい!が好き。

もうとにかく楽しそう!

曲のキラキラ感と髙地くんのキラキラアイドル感が見事にマッチして、見るもの全てを幸せにするのでは?と思います。多幸感すごい。これぞザ・アイドル。

パートの歌声も爽やかでカッコいいのだけど、感想のダンスが大好きです。足が長い‼️本当に楽しそうで、ぴょんぴょん跳んだり、あの合いの手が最高です‼️私の中でラフは、こち君のテーマソングです‼️

全体的にこの曲は髙地くんがずっと輝いているけど特に間奏の煽り(上下ハイハイ!の)楽しさと可愛さが爆発しててSixTONESにおける髙地くんの役割みたいなのが存分に発揮されているように感じるから。

最初のBメロの髙地くんパート「Everybody say Oh Yeah!!~」の辺りで、髙地くんがキラッキラの笑顔で楽しそうにパフォーマンスしている様子がとてつもなく素敵だと思います。

間奏(ダンスタイム)の「うーえ!しーた!はい!はい!はい!はい!」のところ!アイドルな歌い方や低音パートなども素敵ですが、髙地優吾が最も輝くのはライブでの声出しだと思っています!

髙地くんのイメージか強いです。多分チェンエラのあのジーンズの衣装で髙地くんの顔の小ささが衝撃的だったのだと思います。

ラスサビ前のダンスパートを特に盛り上げてくれる印象があるので!

髙地くんはどの公演もすごく楽しそうに歌って踊ってて観てると自然と笑顔になれる。髙地くんのいいところが全面に出る曲なので"Laugh" In the LIFEにしました。

合いの手。 もともとこの曲は好きですけど、髙地くんの合いの手が勝手に脳内再生されます。こういうあかるい曲やアイドルっぽい曲は髙地くんの声が生かされるなと思います。

サビ高音は、高地優吾がいないとあの音になりません。 高地優吾が楽しくウキウキと歌うだけでこちらもニコニコしてしまいます。 「上、下、はいはいはいはいはい、う〜はい!」の掛け声も、秀逸ですね。

1番の「楽しみつくす今逃さないように」の手の振り/間奏の「う~え!し~た!はいはいはいはい!」(音源やカラオケでここが物足りなくて絶対セルフで足します)

Everybody say ohのところの笑顔と間奏のところの掛け声。

YouTubeのファンカメ動画を見た時、彼が特に輝いて見えました!!笑顔が合うキラキラした曲なので、こーちとの相性がいいのかと思います!!

間奏で髙地くんのアドリブ「うーえ、したー、はいはい」のところ笑笑髙地くんのアドリブだと思いますがノリノリの曲がさらにノリノリになれるので好きです。

最後のサビ前の間奏は髙地くんの煽りが好きです!CD聴いていると煽りがないため寂しくなり、いつもYouTube に戻ってきてしまいます。

Everybody say Oh Yeah!! Come with us Oh Yeah!! 楽しみ尽くす “今” 逃さないように。

「うーえ!しーた!ハイハイハイハイ!」間奏部。

Evrybody say Oh Yeah!!~ の部分の、優吾くんのよく通る大きな声!!ライブだと声が映えて特に好きです。

「うーえ!しーた!」の煽りはなくてはならないものだと思います。髙地くんの会場を盛り上げるスキルはピカイチだと思っています。

左右に揺れるステップで頭ぶんぶん振ってるところ大好きです。 うーえ、しーた、はいはいはいはい のかけ声も、大好き。

ライブでの掛け声がたまらなく好きですし、「日々笑顔」を忘れない髙地くんがこの曲を笑顔で歌っている、それだけで幸せです。

全体的に髙地くんが楽しそうでこちらまで嬉しくなります! 間奏の「上〜下〜ハイハイハイハイ〜」の煽りがクセになります。

まさに歌のおにいさん Youtubeの「うーえしーたハイハイハイハイ!」が大好きで音源化された現在も見に行きます。

こーちくんのソロパートのところ凄っく可愛いです。ライブの時こーちくんすごく楽しそうに歌って踊ってるから好きです。

ラスサビ前。合いの手を入れて、キラキラしていて、コンサートは髙地くんの合いの手なしにはラフは成り立たないですね!

チェンエラの動画を見ると”Laugh” In the LIFEは、歌もダンスも髙地のために作られたのか?というくらい異常に輝いているから。ジャニーズジーパンが一番似合うと思う。

笑顔で歌いたい曲に髙地くんは欠かせない! ”Laugh” In the LIFEの「上!下!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」は絶対に今後も入れて下さい!

こちゆごの笑顔がめちゃめちゃ無敵になる曲!その笑顔を見たら胸を撃ち抜かれ、その日はずっと幸せでいられる!

間奏の声掛けの『うーえ、しーた、はいはいはいはい』は全て持っていかれます。曲中終始笑顔を貫くのも最高です。

Everybody say oh~のところの優しい歌声とうーえ!しーた!はい!はい!はい!はい!のところ

ラストサビ前はもう「う〜え!し〜た!はいっ!はいっ!う〜はい!」がないと物足りなくなる身体になりました。

Everybody say oh のところで髙地くんが前に出て、後ろに5人がぞろぞろついてくるところ。

間奏の上下はいはいはい!のところが1番好きです。追加してよければ誰よりもずっと笑顔でいるところです。

間奏のこーちの掛け声が最高に好きです。この曲自体がこーちのための曲ってくらいめちゃくちゃ輝きます。

「楽しみ尽くす"今"逃さないように」が本当に大好きです。歌い方、声、歌詞との親和性、全てが最高です。

間奏ダンス部分の髙地くんの明るく楽しい掛け声が好きです。音源で聞いていても勝手に脳内再生されます。

この曲全体を通して、とっても楽しそう!衣装もばっちばちに似合っているし、うー!はい!の声もかわいい。

感想の煽り!いつからあるのか知らないけど、あれがあるとSixTONESとファンが笑顔になれる。

間奏のところで盛り上げ役になっているところが好きです。CD音源だと物足りなく感じてしまう笑あとそこの足のステップも好きです。

これはもう髙地優吾のための曲といっても過言ではないくらい全編通して輝いてます 笑顔が眩しい。

合いの手(?)はやっぱりゆごさんでないとつとまりません。キラキラの笑顔がより輝いて素敵です。

楽曲全体の雰囲気が彼に合っていますが、1番好きなのは間奏の部分です。(う〜え、し〜たのところ)

メンバーそれぞれの個性と特徴が良い方向で活かされており、特にこちゆごさんの安定した息と音程は評価されるべきだと思ったからです

ソロパートで観客との掛け声になっているところ。間奏部分のうーえ!しーた!はいはいはい!のところ。

ライブの間奏で掛け声をするところです!今では音源にその掛け声がないので自分で掛け声してます笑

楽しそうなところ。『上、下〜』のところなどどの場面でも楽しそうな姿がこちらも笑顔になる。

髙地は本当に楽しそうにパフォーマンスしてくれて、曲と相まって髙地の笑顔が最高に輝きます。

間奏うーえ!しーた!の声です、 こーちの声が優しくて元気で一緒に踊り出したくなります!

サビ前あたりのこちさんパートの笑顔でコール&レスポンスしたらところ。もはやそこは花畑。

間奏のところのうーえしーた…のところはこちがみんなを1つにしてくれる感あって好き。

ラスサビ前間奏部分での『上、下、ハイハイハイ!う〜ハイ!う~ハイ!』という合いの手。

YouTubeと少クラで見て凄く輝いてた。髙地くんのキラキラ笑顔が最大限に発揮される曲。

間奏のダンスのところの、髙地が「うーえ!しーた!はい!はい!はい!はい!」って煽るところです。

間奏の髙地くんの掛け声が好き。

明るい曲調にピッタリだし、間奏の掛け声で自然と笑顔になれるし元気をもらえる。

ライブのときの髙地くんの、うーえしーたはいっはいっはいっはいっが好きなので。

まさに髙地のテーマソング、ライブの煽りのキラキラ感、ステップを踏む姿も大好き。

ソロパートもだけど間奏の掛け声がなくてはならない!

髙地のかけ声が盛り上がるとこだと思うし、曲の雰囲気が髙地に合っているから。

髙地くんの笑顔は無敵。聞いて無条件に笑顔になり明るくなります。

上下ハイハイハイハイの煽りのところの声がめちゃめちゃ可愛いです!

曲そのものが髙地くんにぴったりなのと、ライブでの掛け声のところ。

間奏の時にほぼ毎回掛け声言ってくれるところと足のパカパカと笑顔。

ライブでの楽しそうな弾け方、ファンへの煽りも含めて1番合っている曲。

とにかく笑顔でピョンピョン足ぱかぱかして、うーえ!しーた!はいはいはいはいはい!が最強。

この曲はこーちのイメージが強い!笑顔のこーちにぴったり!

間奏の「うーえ、しーた、ハイハイハイハイ!」が好きです。

間奏のかけ声、歌い方全てが優しくて、元気が出るから!

「うーえ!しーた!はい!はい!はい!はい!」が好きです。

ライブでの「う〜えっ!し〜たっ!」がかわいい、本当にかわいい。アイドル髙地優吾の専売特許。

間奏の煽り。髙地くんはよく煽って盛り上がる役を担っていてそこが大好きです。

このYouTubeをみてからこちゆごにはまりました。

曲の雰囲気も彼に合ってるしライブの時の「う〜ハイ!」っていう掛け声が可愛くて好き。

笑顔で楽しそうにしているところが観てて癒されるから。

カメラに抜かれたときの笑顔、盛り上げている姿。

サビ前の「Everybody say oh」のところ。

う〜えし〜たハイッハイッハイッハイッが好きです。

もう髙地優吾の掛け声なしには聞けないし、1番好きな髙地の笑顔があふれる曲だと思う。

ぴょんぴょん跳び跳ねながら、楽しそうにうたうところ。

間奏での「うーえ、しーた、ほいっほいっほいっほいっ」。

「上!下!ハイハイハイ!」間奏の掛け声のところ。

曲調と声がすごく合っているので聞いてて落ち着く。

サビのダンスで笑顔でガムシャラに踊ってるところ。

うーえーしーたー はい!はい!はい!のところ。

タイトルからして笑顔担当のこーちにピッタリなため。

誰よりもピョンピョン跳ねて誰よりも楽しんで歌ってるように見えます。

Every body sayのところの笑顔。

全体的にキラッキラッアイドルしてて好きです。

「ウ〜ハイ!ウ〜ハイ!」が可愛いし盛り上がる。煽りの可愛さが曲と合ってる。

掛け声は髙地くんにしか出来ないし、あれが無いラフインはラフインではない。

こちの掛け声が好きです。音源化されたけど、脳内でこちの掛け声が聞こえてきます。

ラスサビ前のうーえ、しーた………の合いの手。

カウント?とってくれるとこが毎回可愛いです。ハイッハイッってとこです。

間奏のう〜えっし〜たっ・・・のところ。

間奏で上↑下↓という風に煽るところ。

間奏ダンスでの掛け声がとても好きです。

コンサートDVDのアンコールのラフインザライフで歌い忘れて謝ってるところ。

こーちの掛け声が好き、ないと欲しくなる。CDもライブバージョンが欲しい。

ジーンズがめちゃくちゃ似合う!!

終始笑顔と歌声と煽りと…全部!

2番サビから上下ハイハイハイハイ。

ライブでやる、間奏の「上、下、ハイ、ハイ、ハイ〜」が好きです!

間奏のところのダンスの掛け声。

中間の煽り?が大好きです!

掛け声が脳内再生されます。

可愛らしい曲の感じが全体的に髙地の声に合うと思います!

ピョンピョン笑顔で跳び跳ねてるところ最高に可愛いです。

合いの手、クラブステップ。

間奏での煽り。

間奏のところの掛け声。

髙地くんの歌もダンスも全体的に最高に輝いている。

笑顔と中盤の掛け声。

間奏の煽りが大好き!あと声がめちゃくちゃ合ってる。

間奏のこーちの「はいっ!…はいっ!…」の掛け声。

間奏ダンスの「右〜」のあおりがキュートです。

歌声とうーえ!しーた!とダンスが素敵。

雰囲気が似合ってて、楽しさが伝わってくる!

楽しそうに飛び跳ねたり笑ってるところ。

キラキラハッピー感、笑顔。

間奏『うーえ!しーた!はいはいはい!う〜〜〜はい!う〜〜〜はい!う〜〜〜ハイ(声裏返り)!』のところ!あれがないとラフインではないと言っても過言ではない。ラフインはYouTubeのあの動画もそうだけど全体的に笑顔キラキラパフォの髙地さんが大大大優勝曲です。優吾の他坦狩り曲。ゆうごしか勝たん。

合いの手や楽しみつくす今流さないようにとか歌声の良さ。

ソロパートで前へ出てくるところです。最年少の慎太郎くんの次に出てくるので、体型の華奢さ、顔の小ささと童顔っぷりが際立っていて最年長!?と驚いたことが色褪せません。ニコニコな笑顔と真っ直ぐな歌い方が髙地優吾らしさ全開で大好きです。

「Everybody say Oh~~~!!」からのソロパート。爽やかでかわいいしかっこいい。公式チャンネルにあるライブ映像を見る度落ちてます。

全て。いや良すぎる。これは強すぎます。笑顔完璧スタイルお化けじゃん...とインスト衣装のチェンエラアンコを見るたびに思います。「上!下!はいはいはいはいっ」はもう最高です...曲へのノリ方がもうこーちです。 歌詞も曲の雰囲気もよく似合うのはやっぱり明るめの曲ですかね、すごい眩しい。

すっごくキャラクターにぴったりで、にこにこパフォーマンスしてる姿を見ると幸せになれる。ソロパートはもちろん、メンバーとハマるところも良き。

 

”Laugh” In the LIFE、初めて聴いたときの衝撃は未だに忘れられないな。

SixTONESには今までなかったような曲調で、ノリやすくて、なにより髙地くんに似合う曲。

あと、YouTubeの載ってるアンコールの”Laugh” In the LIFEに関しては、髙地優吾が髙地優吾たる所以が詰まっているというか、「笑顔」という魅力が詰まってる曲。

この曲でアイドル髙地優吾が確立されているからこそ、他の曲でのワイルドやクールな髙地優吾が引き立つ、まさに相乗効果をもたらしている楽曲。

 

Rollin'

「君の言葉が踊り出すゆらゆらと」の「ゆらゆらと」が男を感じて大好きです。

初披露を生で聞くことができたのですが、これは髙地くんのための歌なのかと思うくらい声質が優勝しています。喋るときの地声に近い声の出し方でアクセントや節をつけながら、一文字一音の譜割りを歌っていくのが最高に相性がいい。ロックテイストで力強い視線、クールな表情も最高です。 ……Rollin'は髙地くんの曲、と心の中で思っています。

君の言葉が~の声が好き。荒っぽいけどちゃんと伝わってるよ。

「キミの言葉が踊りだすユラユラと」のオラオラ感が大好きです。

「君の言葉が踊り出すユラユラと〜」の男らしさ。

 

光る、兆し

2番冒頭のゆごほくがたまらなく好きです。低めで少し落ち着いた雰囲気のある北斗くんの歌声を、明るい未来に引っ張っていってくれるような優吾くんが大好きです。

松村さんとのハモリの部分。

「波風に揉まれたって 先が行き止まりだってぶつかり続けたら壁は砕けんだ」っていう歌詞を髙地くんが歌うのにグッとくる。

 

RAM-PAM-PAM

「1人だけ上裸優吾」は初見の時刺激が強すぎて直視できませんでした。1人だけ上裸優吾って今名付けました。らぱぱんって5人は基本カッコつけてて当然めちゃめちゃかっこいいんですが、髙地くんはにやっと笑う瞬間が多いんですよ。もう!!えっち!!特にshow me love〜からのパートで顕著に現れてます。

今すぐに Dip it low, 踊りな Dip it low、Show me your love、Let's make it hot、ズボンを下げるのではなく上衣(?)をあげるスタイル。

LOVE MUSICのlet's make it hotのところ 笑顔がかわいくて、SixTONESの中で1番穏やかな印象だったのでRAM-PAM-PAMで髙地くんこんな顔するんだ…ってギャップで完全に落ちました TrackONE-IMPACT-の踊りなDip it lowのとことかもめちゃくちゃ好きです。

髙地くんが今までと全く違う雰囲気を初めて纏った曲で全てが好きです。

雄感とサイコパスみのある表情と声が大好きです。特にSixTONESの中で1番はだけているあの衣装が髙地くんの上裸を見ることができるので好きです。

樹が歌ってるところの下ハモ?(2分30秒あたり) 音楽の知識ないので、上手く説明できないのですが、良いイヤホン買ったらよく聴こえてきました。今そこにハマってます。音のハメ方がすきです。

「Show me your love」のところでハートを作ってくれると、ひえ〜っハートもらえた〜!となってテンションが上がるので。あと、この部分の髙地めっちゃ可愛い。

色気。

優吾無くして完成されない(どの曲もそうですが特に)優吾は普段とのギャップが1番大きいからこそ、この曲は優吾の変貌を目の当たりにしてこそストのワイルドさが際立つと思います。

男くささの中にいきなりの笑顔からのやっぱり、漢なところ。

「show me your love」「Let's make it hot」「振り向かずにWe're going higher」の歌い方がすごく好きです。

巻舌の髙地なので!笑 衣装がなぜ半裸だったのか知りたかったし、みんなパンツ見せてるのにとーんいんぱくとの時から1人腹チラさせていたから印象強いです(笑)

Let's make it hotのところの声と表情で更なる沼に入りました。初披露時の衣装で何故か1人だけ上がはだけまくってるところも含めて沼。

2番Bメロ「Show me love Let's make hot」とサビの「振り向かずにWe going higher」の歌い方とダンス。

「Let's make it hot〜」らへんの挑発するような振りが大変色っぽくて良いです。

衣装が上裸になるから綺麗な鎖骨が見えるのと、パンツを下げないでシャツを上に捲るところが他の人と違ってドキドキする。

普段は可愛らしく癒しポジションなのに上前全開きオーバーサイズ(?)のズボンでオラオラしてるのがすごくかっこいい。

上裸でShow me your love〜のところ。いつものキラキラアイドルとは真逆の量の色気がえぐい。

下じゃなく上の衣装をめくる仕草がほんとにかっこいい。表情やダンスなど1番ギャップを感じる曲。

意外に一番やんちゃボイスでやられます。

特にライブでshow me love〜の治安の悪さと可愛さの両立ができているところ。

振り向かずにWe're going higherの時に慎ちゃんに何かを投げるところ。

2番のshow me love〜の所の男らしさと可愛さが渋滞したところ。

容赦無く脱ぎ挑発しながらフロアとメンバー煽ってて、ハマが出てて最強。

Show me your love からがたまらなく好きです。

一番のAメロ終盤で上着の両端を持ち上げるところが好きです。

let's make hotのところは髙地の真っ直ぐな声が合う!!

こーちのソロパが好きです。

Rの発音。巻き舌はこーちに任せなさいって感じ。

2番サビの腹チラ。

巻舌。

少年たちでRAM-PAM-PAMを観たとき、パンツもそうですが、上裸に驚いた記憶が強いです。 髙地くんがこういう演出が苦手な中で頑張ってくれていて、ギラギラした曲の中に清潔感のある色気が出ているなと思いました。

いつものにこにこ笑顔を封印して男らしいワイルドなパフォーマンスにやられる。

これは髙地優吾が覚醒した曲だと思っている。

 

RAM-PAM-PAMの衣装を初めて見たとき、私の場合それはインスタだった気がするけど、

それを見たときのインパクトをまだ覚えてる。

決して派手ではない衣装なんだけど、カーキとジーンズという髙地くんに似合うもの、似合う形に、上裸を合わせるという今までにない発想。

度肝を抜かれた。

そしてあの衣装の凄いところは、パフォーマンスでその魅力をさらに発揮するところ。

本当にあの衣装を着てパフォーマンスする髙地くんは未だに脳裏に焼き付いているし、とんでもなくカッコよかった。

 

Imitation Rain

歌詞「紅」に合わせてXポーズをするの律儀さは昔からの心根の良さを思います。

“紅に染まるまで”の所で必ずXを腕で作る所、“tell love”で片手ハードルを作る所、絶対この2つを唯一アレンジで入れてるのがこちくんだけなので。

番組で披露してカメラに抜かれる時に必ず手でファンサ及び何らかのメッセージを伝えてくれるところ。(片ハートやXなど)

ゆごしんのところ。

pvの表情。

 

NEW WORLD

「どこにもない一つの物語 君と作りたいんだ」の歌詞で髙地くんセンターになりしゃがんでスト5を従えてる形になるところがストーリー性があって刺さります。

「根拠なんてないさ」のスコーンと突き抜けるような歌声。力強さと爽やかさの両方を堪能できると思う。

トーンインパクトの「どこにもない1つの物語君と作りたいんだ」、「叶わない夢など俺らにはないhey!」のHeyのところ、「根拠なんてないさ僕らだけの大きな夢」、「夢の先目指せwe got a stones」で指を指す振り付け。

どこにもな〜いのところを歌いながらかがんで、メンバーを指すような仕草をするところが、メンバーを大切にしていて信頼しているんだなというのが伝わってくるし、何より歌声がこの曲に合っていて、どの曲よりもキラキラしてみえる!

樹ラップ後の優吾の「根拠なんてないさ 僕らだけの大きな夢」、ほかの楽曲でも「夢」というワードを担うことが多いですがNEW WORLDでの夢はグッときます。

TrackONE -IMPACT-のアンコールでソロパートを「みんなと作りたいんだぁぁぁぁぁ!!!」と変えていたのがほんとうにほんとうに大好きです。

彼のソロヴォーカルのところ(どこにもない~、根拠なんて~) 歌詞も歌声も(アイドルな感じの歌声も裏声もかわいい)最高!

彼の明るくて優しい声によくあってると思います。彼に割り当てられてる歌詞とも相まって、気持ちを前向きにしてくれます。

「根拠なんてないさ僕らだけの大きな夢」難しいであろうキーが一気に上がる部分を歌いこなす髙地くんにほれぼれします。

低めの歌声と綺麗な高音 ハスキーじゃないんだけど、ちょっと甘くて香ばしい唯一無二の歌声がたまらなく好き。

根拠なんてないさ~からの高音パートが最高です。ライブで生で聞いた時音もぴったしはめてて鳥肌がたちました。

1番の髙地くんパートで『君と作りたいんだ』というところが言葉で表せないくらいキラキラしてます!

「どこにもないひとつの物語きみとつくりたいんだ」のとこ。好きです!そこで笑顔なこーち!

髙地さんの澄んだ高音が大好きなので、NEW WORLDの「僕ら~だけ~の~」の所を推したいです!

どこにもない 1つの物語〜のところ、めちゃくちゃ表情がステキすぎる。

「僕らだけの大きな夢」の「け〜」の透き通った声が死ぬ程好き。

樹のラップ明けの髙地くんパート、気持ちこもってていい!

みんな集まって髙地くんがしゃがんで歌うところ。

君と作りたいんだ…の声と顔。

きょもゆごのハモリ。

ラップのあとのソロ。

 

Telephone

樹のパートでしんたろとシンメで踊ってるとこ。

衣装による髙地優吾のスタイルの良さ。

ギャングスーツを着たときのシルエットの美しさが忘れられません……サビの腰振りがかわいいところも好きです……。

最後の方の1回目のLet me know なぜなら絶対カメラに抜かれてバチバチにキメてくるから。

とにかく衣装!体のラインと足の長さがよくわかる!

ラスサビ後のLet me know。

レッミーノーのバキュンするところ。

 

ギャングスーツと髙地くんの体格だけで、小一時間話せる自信ある。

それくらい、過去の衣装の中でRAM-PAM-PAMの衣装に次ぐ大好きな衣装だし、インパクトが凄かった。

Telephoneがここまでインパクトが強かったのは、もちろん楽曲やダンス、表情や歌声もさることながら、衣装の力も大きかったと思う。

SixTONESに、そして髙地くんに凄く似合う衣装。

 

みんな大好きスーパー髙地タイム

ゆごほく下ハモ!

テレビ番組などで、NAVIGATORを何回か披露していましたが、毎回ビジュが良くてカメラアングルも最高で、多くの他担狩りをしてたのが私からすると、すごく気持ちよかったからです(笑)

オクターブユニゾンを歌っていて今までハモリのイメージは無かったのですがとても深みのある声で痺れました 特にHeyYouの優吾くんのオクターブユニゾンが好きです!

音楽番組でNAVIGATORを披露した際の「夜を駆けるか夜明けに駆けるか」が表情からダンス何から何まで好きでした。

ダンス!人差し指で頭上をクルクルする動き?が贔屓目なしでとてもきれいだと思ったから。

「夜を駆けるか 夜明けに賭けるか」の振付のときがめちゃくちゃかっこいい!

サビの下ハモの声が好き。また、Mステで抜かれた時の顔がかっこよかった。

MステのNAVIGATORは衝撃だった。正直、かっこよすぎる髙地くんに戸惑ってしまった。

"back,back,back〜"で髙地くんがセンターに来るところ。

2番の「back back...」のところのスーパー髙地タイム。

よをかけるかよあけにかけるかの手をぐるぐるしてるところ。

スーパー髙地タイムと曲を支えるオク下!!

Mステの髙地くんが全体的に優勝でした。

Back back back… の所!

夜をかけるか夜明けにかけるかのところ。

低音(下ハモ)がかっこいい。

スーパーこーちタイム。

下ハモの低音が好き。

松村イチオシのスーパー髙地タイム!

下ハモ部分全て!!特にきょもゆごで歌うところ。「疲れた迷い子のシンパシー」「途切れぬ車列へのアイロニー」のところ。サビに向けての部分で、すごくゾクゾクする。めちゃめちゃ心地よい2人の歌声。そのあとに北斗も加わって"Hey you"って決めないく過程までが好き。めちゃめちゃいい部分歌ってるなって思いました。

ダンスすべて。

低音こちゆごを堪能するならこれ。

 

夜を駆けるか 夜明けに賭けるかの髙地くんのダンスは凄くよかった。

見てて凄くしっくりくるというか映えるというか、なんだろうね、綺麗だった。

初めて見たとき、そのダンスに見惚れて何回か巻き戻して見るくらいには好き。

 

You & I

ゆごほくソングでもあると思ってるので、ラスサビあたりからですかね。

ラスサビ、うやむやのソロパートやゆごほくでユニゾンのところなど、髙地くんの声は他と混ざり合うようでいて、ソロになった途端耳にスパーンっと入ってくる声が魅力的です。

優吾の声が合ってる気がして心地よいです。これもゆごほく曲と勝手に呼んでます。めっちゃYou & Iは好きです!

このままずっとそばにいてのところのスーパーゆごほくタイムのエモさ。

北斗と並んでセンターになったのを初めてみた時は、なんか感慨深かったです。

少クラYou & Iのラスサビで北斗君とセンターに歩み出るところが本当に好きでした。衣装も髪型もすごくよかったなあ。少クラ以外でのパフォーマンスもいつか見たいなあ〜

最後のゆごほくパートがエモい。

2番サビの後の,「You&I,You&I,Baby」のところの声!!歌い方諸共好きです。

最後の方にゆごほくが前にでてきて2人で歌ってる歌詞や立ち位置がエモすぎる!!!

北斗と2人で前に出てくる所がすごく好きです。少クラのパフォーマンスです。

後半のラストサビら辺で、ゆごほくがセンターになって、ハモっているところ。

少クラでの北斗くんとのシンメダンスにやられました。

ゆごほくソングだと思っております。

怒涛のラスサビ、少クラ最高でした。

後半北斗とセンターで踊って歌う所。

ラスサビのゆごほくシンメに心を撃ち抜かれたから。

スーパーゆごほくタイム。

沈んだ時もからの髙地くんの歌割りパートが髙地くんが歌うことで説得力があり染み渡ります。

後半のゆごほくパート。

 

love u...

こーちくんの儚げな感じと影のある感じが相まって素敵!

 

NEW ERA

果てしない果てしない〜のソロ、歌番組でも綺麗に抜かれていて最高でした。

1番の「Changing ways yeah もう迷わない yeah 感じるまま」のゆごほくパートでの髙地くんの歌声がとても好きで個人的にここを聴いてSixTONES自体気になったきっかけの曲なので。

『もう迷わない〜』のあたり。

「もう迷わない」と「感じるまま」。夜叉姫のOPで初めて聴いた時に髙地の声!!ってソロパートある!って喜んだ思い出。歌番組でも必ず歌うパートで色んな髙地が見れてよかった!力強く歌うところが特に好き!

MVが大天才大優勝で全てに感謝しました。

ソロアングルで"同じ時代刻もう"のところを手話で表現してるのにはひっくり返るくらい驚きました。完璧に振り付けみたいになってますが"時を刻む"イコール"時計"と解釈していて感動しまくりでした。

射抜くような強いまなざしが、曲の力強さに合っていて良かった。普段とのギャップもあり、さらに魅力的に感じた。

樹くんラップ中のジェシーくんと並んで手話ダンスThis is SixTONESのハートを作るところ素敵です💕

こちは感情に任せて歌詞を歌ってる感じがするので、NEW ERAはこちの歌い方とか表現力にすごく合ってると思ったから。

2番の"もう迷わない"のところの決意表明のような芯の通った歌い方とMVの表情が優勝しています!!

全体的なビジュアル、ソロアングルでの表現力、手話を取り入れた振り付け(髙地さんの手が元々好き)。

樹ラップで6人が中心に、集まって手話やるところの、this is SixTONESのところ。

力強い「もう迷わない」「感じるまま」のパートが目標に向かって頑張るこーちらしくて好きです。

ラップの最後のジェシーとこーちが前で手話しているところです。

ラスサビ前のブレイク。スーパー高地タイム。

2番のスーパー髙地って言われてるところ。

北斗との掛け合い(changing〜感じるまま)。

MVのパフォーマンスが爆イケ。

 

Lemonade

todo の発音が好きです!

 

Life in color

曲調が1番髙地さんにぴったりだな〜〜これ歌ってる時の髙地さんはキラキラアイドルだ!と思い選択しました。

日々笑顔の優吾にぴったりだなと思う。

比較的明るい爽やかな曲なので全体的に髙地くんに似合うと思っています。

少クラでのLife in colorで僕が君の傘になるから〜のきょもの後ろから飛び出す高地くん。

そばにいたいと思ったんだ〜♪の歌声がイケボすぎて恋です。

慎ちゃんの後のソロの甘い声!

1番のソロの所の可愛さ。

 

ST

booth boothのところ、表情と振り付けがかっこいいです。

歌ってる時の表現。

ブースブース。振りやばい。

 

Special Order

歌い出し

何故か全く言語化できませんごめんなさい。エロいからですかね…

Don’t miss the signal, ready to fight.Bring it on 今すぐに(Aメロの歌い出しだったのが嬉しかったです!!)

歌い出しがこーちの時点で沸きました。

oneST配信で披露したスペオダでこち歌い出しの後の「HA!」がもうやばくてやばかったです やばかったです。

髙地くんも大好きな曲と言っているの含めて出だしが髙地くんから始まるところ。

歌い出し、lalalala。

最初のこーちのパート。

開幕を告げるその歌声にいつもテンションが上がります‼

 

Curtain Call

あの少し感傷的な曲調とこーちのちょっとドライな声感、それとこーち自信の雰囲気がぴったりです。

【閉じた未来~】のところは、最高に髙地くんの声質が合っていると思います!ぐっと引き込まれてしまいます。

引き延ばしたLOVE STORY の"引き延ばした"の発音が好きです。

 

Dance All Night

どの曲にも言えるけど、かっこいい曲であればあるほど5人のとりわけ個性的な歌声の中に、彼の唯一無二の歌声がパートで入ってくるところがほんとに好き。

ロボットダンス (激しく動くタイプではないので、ダンススタイルと良くあっていると思います)

こーちのソロ部分。 彼の声にあってる。乾いた感じの声がサビへの盛り上がりに持っていくのに良い感じ。

サビのソロパートが声質ととても合っていて好きです。

加工した歌声がすっごくかっこよくて好き。

 

S.I.X

キミの体をジャック!!がゆごほくなので個人的にすき。

エフェクト加工を効かせた曲は髙地くんの歌声が特にポイントになっていると感じる。

フロア中響かせろのところの髙地くんの声 が聴きたくて、この曲を聴いてるとこがある。

フロア響かせろ、と、君の体をジャックのところが好きです。

1サビの最後ソロのところ。配信Liveで心撃ち抜かれた。

「フロア中響かせろ」に説得力がある。

 

Coffee & Cream

「チルしよう all day long」で髙地くんの優しい歌声が溢れ出ててとても好きが止まらないです。

配信ライブでのコップを使った演出。こーちくんとチルしてぇ(チル=Relux)。

 

Lifetime

歌詞割が神采配だと思います。「時の旋律に声を重ね sing for you sing for you tonight」の部分で、髙地くんの声質の良さがひかってて、こんな感じでも歌えるんだ!と思いました。髙地くんの声質はいつもとても好きなのですが、ここは本当に歌詞と相まってまじでいいです。ライフタイムは終末系ゾンビ映画の主題歌みたいだな!ていつも思ってるんですけど、髙地くんの声質の力強さとSixTONESの声の合わさり方が前に進む力強さみたいなのを感じさせるので、このSixTONESはゾンビに勝ちますね…。

"あの出会いも〜"から"近づいてく Tonight"までのところの上ハモが大好きで、NAVIGATORでは下ハモが多かったけど、今回のLifetimeでは、上ハモを担当していて、幅広く歌える音域があるコーチが素敵で、縁の下の力持ちみたいで大好きです!

ソロパートも高音パートも。ライブで、これまでに見たことのない新しい髙地くんの姿を見れた気がしたから。優しくて前向きで強い想いを描いた歌詞が、髙地くんの誠実でまっすぐな歌声とアイドルとしての姿勢にマッチしていて心を打たれる。ちょっと影のある感じも。

「あの出会いもあの別れも~」のところの2小節、聞き間違いだったら凄い恥ずかしいのですが、髙地優吾くんが珍しく高音パートを歌っているように私は聞こえます。高音パートはとても珍しいのでなんだか嬉しかったからLifetimeを選びました。

今までこのような曲がなかったから気付いていなかったけれど、高くて綺麗な歌声を聴いた瞬間、無限の可能性を感じました。

髙地君の声の優しさに泣けました。地声でも裏声でも、あんなに優しい声が出るなんて、どれだけ優しい人なんだ…。

ソロパートとても気持ちがこもっていて歌い上げるその姿が美しすぎた。

「あの出会いも あの別れも〜」のところの上ハモが綺麗。

上ハモがとても透き通っていた。

Lifetimeのこーちのソロパートの声が好きです。

ソロパートの高音部分の声。

ソロの高音のところ。

ハモリのところ。

 

うやむや

加工や他のメンバーの声と1番馴染んでいた 最高です。

とにかくこーちくんの声が素敵です!うやむやという曲に合ってる声ですよね!

髙地くんパートの「遮る愛は捨てちまえなんて思っても言えない武士道よ」という歌詞です。 当て書きではないにも関わらず、髙地くんの為人に非常にマッチした言葉だと感じました。ドライだけどハスキーではない声と、母音のはっきりした発音が日本語詞に良く合います。

音声加工や楽器的な声の使い方での映え方が異常なので、うやむやはマジでハマってるなと思います。かわいいけどかわいいだけでないハスキーでスパイシーな声+ある意味で淡白な歌い方がマジで光ってます。

歌声を推します!「遮る愛は捨てちまえなんて思っても言えない武士道よ」の声の心地良さ、優吾くんにしかないものです!

「愛され上手に憂さ晴らし」の最後の「し」の発音の仕方がめっちゃ好きです。

他のメンバーとのハーモニーや、他のメンバーとソロが切り替わるときなど、髙地くんの声質の親和性が遺憾なく発揮されている。

滑舌が抜群に良い。他は全部パフォーマンス全般が良いけど、耳だけで存在感絶大なのがうやむや。

加工された声が好きです。

きょもとハモリの所です!

こちの声質がうやむやにあっていて、独特な雰囲気を作り出してるなと思いました。

捨てちまえなんて思っても言えない武士道よ、歌詞といい、声といい絶品。

 

Mad Love

配信ライブのきょもとのかけあいのところが私的とんでもなくセクシー優吾でたまらない。もっとセクシー優吾出してって欲しい。(切望)

Mad Love can't stopと歌割り任されているところ。

 

My Hometown

シンプルに全部です。

全てが良い。

言わずもがな、歌唱もMVもこーちを堪能できるので。

全ての部分で最高だが、特に「聞こえるよsurf song」の落ち着いた優しい声に癒される。

髙地担はみな死ぬ

曲そのものが髙地くんの声質にとても合っていて好きです。緩いテンポかつどこかロックな雰囲気も感じさせるサーフ系の曲調と声がマッチし過ぎています。MVも好きですが、慎太郎との声質のバランスもいいのでとにかく歌が好きです。

髙地くんらしさが発揮されていて全ての曲に言えるようにここが凄いと言うより全部が凄いです。

懐かしささえも感じる優吾の歌声を存分に楽しむことができるから!

優しい歌声。

SixTONESの髙地優吾では無い、浜っ子髙地優吾の顔が見れる。リアコ過ぎる。

MVでキメキメなところじゃなくて(もちろんキメキメなところも好きです)普段の感じが出ている瞬間が1番こちが輝いていると思います。

MV以外だと配信ライブで一度見ただけですが、ゆごしんの2人らしい明るい曲かと思いきやMVでたまに映る真剣な顔が好きです。

自然体の歌い方も姿も背景も楽器と戯れる感じも全てにおいてとても良く癒されます。本当にありがとう☺️

ナチュラルさ。ダンスも素敵ですが、何よりあのナチュラルさと安心感は癒しでしかありません。

しんたろのmy friendってとこの顔見合わせるとこがまじで兄弟ですき。

言うまでもなくゆごしんペアの楽曲で、全てにおいてずっと輝いている!

とにかく良すぎる、MVもとにかく良すぎる、めちゃくちゃすき。

慎太郎との仲睦まじいMVや歌い方、曲調があっていると思う。

サビ前、静かなところのソロのとても優しい歌声が好きです。

ゆごしんの柔らかい雰囲気にピッタリで大好きです。

歌詞間違えて慎太郎に謝ってたの可愛すぎた!

MVにこーちのいいところが詰まってます。

ゆごしんにしかだせない鮮やかな感じ。

自然体のこーちくんが見れるから。

声が凄く聞いていて気持ちがいい。

全体的にみててほっこりする。

ゆごしんのペア曲は本当に素みたいで心温まる曲だから!

こーちの素のままな感じ。

優しく歌っている感じが好き。

リラックスしてるところ。

サビの歌声。

ウクレレのところ。

もう全部がリア恋。

ウクレレを寝そべって弾いているところ。

最後の屋根の上に座っているところ。

So this town gave me a lot, my precious hometownの歌い方と声の質がとても良いのです。特にhometownの部分。

My HometownしんどいMV含めこれに関してはゆごしんしか勝たんほんとしんどい。

全体的に自然体。

ゆごしん2人の雰囲気ぴったりで、魅力がめちゃくちゃ伝わる。

 

いかがでしたでしょうか?

いや、”Laugh” In the LIFEの強さには驚きを隠せない。

来年はもっと、より良いものにするために頑張るー!!